顎関節症・噛み合わせ治療センター >> 歯ぎしり、食いしばり対策の決定版!SLP(サブリンガルプレート)について

歯ぎしり、食いしばり対策の決定版!SLP(サブリンガルプレート)について

歯ぎしり・食いしばりにお悩みの全ての方へ SLP(サブリンガルプレート)は、歯ぎしり・食いしばり・睡眠時無呼吸症候群などを効果的にコントロールできる装置です。

歯ぎしり・食いしばりにお悩みの全ての方へ

1.SLP(サブリンガルプレート)とは

 
  

SLP(サブリンガルプレート)

 

SLP(サブリンガルプレート)とは、日本歯科大学顎関節症診療センター初代センター長ならびに日本歯科大学名誉教授:丸茂義二先生考案の歯ぎしり ・食いしばり・睡眠時無呼吸症候群などを効果的にコントロールできる装置です。

当クリニックでは、2015年4月より丸茂先生のご指導のもと臨床応用を開始しました。

この装置の最大の特徴は、装着するだけで下顎の位置が改善され、様々な良い効果をもたらしてくれるということです。これはSLP装置が、舌(ベロ)の位置が悪いときに修正する作用をもっているためです。下顎の位置は舌の位置や働きによって大きな影響を受けますので、噛み合わせを変えても下顎の位置が改善しない人は舌の位置を改善しなくては成功しないのです。従来のスプリントのように噛み合わせの位置や高さを変えなくても良いのです。

噛み合わせの位置や高さを変えるハードプレートのスプリント療法やマウスピース療法を続けることで、顎位のズレが起きやすくなる場合があります。

そこで当院では噛み合わせの位置や高さを変えずに歯ぎしり・食いしばりをコントロールし、更には舌位、顎位、頭位、重心位の安定につながる装置として、SLPを提供できればと考えております。

では、舌の位置が前方や上方に持ち上がることにより、どのようなメカニズムで、どのような効果が出るかを次の項で見ていきましょう。

2.SLP(サブリンガルプレート)に期待される効果

  
  

通常時とSLP装着時の舌の位置と首の傾斜の違い

 
 

人間は寝ていると顎や舌( )が後退し、奥歯が接触しやすくなります。また、気道(咽頭腔)が狭くなり呼吸が困難になります。結果として睡眠が浅くなったり、食いしばりが起きやすくなってしまいます。

 

また顎が後ろに行くことにより、「起床時顎周辺がだるい」、「口が開きにくくなる」といった症状が現れることがあります(※通常時の図)。

SLP(サブリンガルプレート)が装着されると舌や顎が前方へ自然に移動します。結果として睡眠時や日中に下記のような効果が期待されます。

  • 食いしばりや歯ぎしりを減弱できる効果
  • 舌の位置が改善することにより咽頭腔が広がり呼吸が楽になり、睡眠の質が向上する効果
  • 唾液の分泌を促進することにより虫歯リスクの軽減、ドライマウス防止に繋がる効果
  • 舌が本来の位置に接触することで、自然と鼻呼吸になりやすく免疫力が増す効果
  • 舌位が変わり足指に力が入ることで、体の重心バランスが前方に変わり、体幹、姿勢改善に繋がる効果
  • 咀嚼回数が増えることにより満腹中枢を刺激し、過食を減らす効果(過食が減ることによるダイエット効果等)

3. SLP(サブリンガルプレート)の効果の実例

1.SLPによる舌位と開口量の違い

  

SLP装着前

SLP装着前

SLP装着後

SLP装着後

SLP装着により、舌位が改善し咽頭喉がひろがったため、開口量がアップします。(写真の症例では約4ミリの差)
※開口量の差は個人差があります。

2.SLPによる重心位の変化

  

SLP装着前

SLP装着前

SLP装着後

SLP装着後

SLP装着により、身体の左右のバランスが整った結果、重心が前にくるようになりました。
※効果には個人差があります。

3.SLPによる姿勢改善効果

  

SLP装着前

SLP装着前

SLP装着後

SLP装着後

SLP装着により、顎が上向きになり、体幹が改善されている状態になりました。この状態だと、頭が身体の中心にしっかりと乗っかっているため、後傾気味だった姿勢に比べて、首や肩、腰などへの負担が格段に減ります。
※効果には個人差があります。

4.SLP(サブリンガルプレート)のアンケート調査結果(2017年2月現在)

当院でSLPを装着された患者様を対象に、SLPの使用に関するアンケート調査をいたしました。ここでは、その結果をご紹介させて頂きます。

歯ぎしり・食いしばりが改善された 83%

睡眠の質が向上した

顎周辺の痛みが軽減した 67%

舌のポジションの変化を実感した 75%

健康に対する意識が向上した 50%

SLPを継続して使用したい

患者様がSLPに期待する効果として一番多い「歯ぎしり・食いしばりの改善」に関しては、80%以上の患者様が効果を実感して頂くことが出来ました。

それに伴い、「睡眠の質の向上」、「顎周辺の痛みの軽減」、「舌のポジションの変化」といった効果も、半数以上の患者様に実感して頂けました。

また、SLPを装着することによって、常日頃から歯ぎしりや食いしばりを意識するようになり、ひいては、健康そのものに対する意識が向上したというお声も、多くの患者様から頂いております。

そして、SLPを装着された全ての方が、SLPを継続して使用したいとお答え下さいました。これはSLPを提供した我々としても、非常に嬉しいアンケート結果となりました。

患者様のSLP体験談 その1(23歳女性)

装着前と後の変化について

睡眠時の呼吸が楽になったように感じます。また、エラの部分の咬筋が柔らかくなったので、今後の変化が楽しみです。

SLPを検討されている方へのメッセージ

私は主に寝ているときの食いしばりが悩みでした。寝ている間のことなので、自分ではコントロールできないので、SLPのように舌のポジションを変えてくれるものは有効だと思います!

患者様のSLP体験談 その2(35歳女性)

装着前と後の変化について

元々歯ぎしりや食いしばりがひどく、すり減った奥歯の角が尖って口内炎が出来ることもありました。
SLPを装着すると自然と舌が前の方に出て、上下の歯の間に少し隙間がある感じで全く食いしばらなくなりました。
歯ぎしりもなくなったと言われ、眠りも深くなりました。

SLPを検討されている方へのメッセージ

効果がすぐに現れるので、ぜひ作ることをおすすめします。
歯ぎしり食いしばり以外にも睡眠の問題や唾液が少なくて困っている方にもおすすめです。

患者様のSLP体験談 その3(60歳女性)

装着前と後の変化について

就寝時、食いしばりがあり起床時違和感を覚えていたが、装着後からは顎の痛みが和らいで体全体も力が以前よりはいっていないように感じている。
装着しているときは食いしばりがないので、それに慣れてくると装着していない時でも力が入りそうになると自然に食いしばりをしないようになってきた。

SLPを検討されている方へのメッセージ

装着することにより舌の正しい位置がわかるようになってからは、装着しない時でも自分で意識するようになってきました。舌の位置が体のバランスなど全てに於いて重要な役割があることを学び、健康に対する意識が以前より増しました。食事の時も早食い傾向がありなかなか習慣が治せずいましたが、噛む回数は確実に増え唾液量も増えるのでよいことづくめです。装着時の違和感もほとんど感じないのでおすすめです。

患者様のSLP体験談 その4(42歳女性)

装着前と後の変化について

主に就寝時に装着しています。最も変化を感じるのは食いしばりの改善です。装着せずに起床すると、顎が疲れているように感じます。睡眠の質も向上し、深く眠れるようになりました。歯の位置も正常に戻ってきたようです。

SLPを検討されている方へのメッセージ

2週間試してみてください。変化を感じることができましたら続けてみることをおすすめします。

患者様のSLP体験談 その5(58歳男性)

装着前と後の変化について

装着前後での歯ぎしり食いしばりについて、私が感じる大きな違い、変化は、朝の目覚めた時の顎関節周辺の感覚が全く変わることです。装着前には、歯ぎしり食いしばりをしての目覚めた時は、奥歯の歯が重く痛かったり、顎関節周辺に凝り緊張が残っていたが、装着後はそれが全く改善されたということです。

SLPを検討されている方へのメッセージ

歯ぎしり食いしばりからくる障害は、SLP装置によってすべて解消されます。例えば、歯ぎしりから自分の歯を削るとか、顎関節周辺の筋肉の凝り、また、その凝りや緊張からくる生体の歪みが軽減されます。ただ、SLP装置が慣れるまで、口の中の歯茎に傷つける場合もありますが、なにせ口の中ですので、装着をやめればすぐ治ります。だから、SLP装着のための微調整にやや時間がかかりますが、SLP装着が慣れれば今までの顎関節の凝りや歯ぎしりからくる奥歯の違和感などの症状から解放されます。

患者様のSLP体験談 その6(37歳女性)

装着前と後の変化について

普段から、姿勢や体のメンテナンス(整体やストレッチ)に気をつけていましたが、どうしても夜中の食いしばりが治らず、SLPのことを聞いて使用を始めました。
開始から5ヶ月、正直ものすごく改善したという実感はなく、食いしばりや顎の疲れがあります。ただ、日中立っている時、歩いている時は重心バランス良くスッとした姿勢でいられるので、劇的な変化はなくても舌の位置が変わることで長期的に身体に良い影響があるのではないかと思っています。まずは続けてみたいと思います。

SLPを検討されている方へのメッセージ

効果には個人差があると思いますので、私の場合の話になりますが、SLPは舌の位置を変えるということで私たちの身体をサポートしてくれますが、やはり健康は本人の生活(睡眠、食事、運動、姿勢、ストレス発散など・・・)において地道に気をつけて過ごすのが大切なのかなと感じています。その前提で、SLPを上手く活用していければ、健康の維持にきっと役立つのではないかなと考えています。

患者様のSLP体験談 その7(44歳女性)

装着前と後の変化について

私は特に食いしばりが強い方なのですが、装着すると、舌が上顎につくので、上の歯と下の歯を噛み合わせても直に強い力がかかり過ぎないので、就寝時に装着すると朝起きた時の顎の疲労感は感じなくなりました。

SLPを検討されている方へのメッセージ

寝ているときの食いしばりや歯ぎしりは自分ではどうすることも出来ません。一般的にはナイトガードとかマウスピースを使いますが、私はそれで上の歯と下の歯が噛み合わなくなってしまいました。SLPは噛み合わせたときの歯の高さは変わらないのに自然と舌が上顎につくことによって、歯と歯も離していられるので、かみ合わせなど気にせず、安心して使用することが出来ます。

患者様のSLP体験談 その8(46歳男性)

装着前と後の変化について

歯ぎしり及び食いしばりは大分改善されました。仕事のストレスが減らない中すごく助かります。朝の食いしばり感が解消されました。

SLPを検討されている方へのメッセージ

SLPで食いしばりがよくなるのは、やってみたら実感しました。それから噛み方や呼吸をもっと意識するようになりました。

患者様のSLP体験談 その9(27歳男性)

装着前と後の変化について

SLP装着前は歯ぎしりがひどく、朝起きた時に顎が疲れて、痛みを感じることが、ほぼ毎日続いていました。SLP装着後は、歯ぎしりが大幅に軽減されて、顎の痛みを感じることが非常に少なくなりました。睡眠の質も向上したようで、日中に眠気を感じることも少なくなりました。

SLPを検討されている方へのメッセージ

SLPのおかげで、歯ぎしりが大幅に改善され、朝の目覚めも非常に良くなりました。長年の悩みがようやく解決しました。
効果は非常に高いと思いますので、歯ぎしり・食いしばりで悩んでいる方は、試してみる価値は十分あると思います。

患者様のSLP体験談 その10(49歳男性)

装着前と後の変化について

歯ぎしりはほとんどなくなり(家人からの指摘)、食いしばりもかなり軽減しました。首や肩の重度の凝りや顎の違和感から、夜何度も目が覚めたり、起床時にすっきりしないことが常態化していましたが、睡眠の質が相当改善したと実感しています。
日中は仕事で人と話すことが多いのであまり着用できず、もっぱら夜に着用していますが、首や肩、背中の凝りが軽くなる他、姿勢が良くなり、身体の柔軟性も増したように感じます。

SLPを検討されている方へのメッセージ

SLPを使用してから、姿勢に気をつけたり、ストレッチなどで身体の凝りを溜めないようにするなど、プラスの波及効果が色々ありました。自分の身体全体を見直す良いきっかけになると思います。

患者様のSLP体験談 その11(55歳女性)

装着前と後の変化について

歯ぎしり食いしばりは睡眠中のことで自分が意識しても改善が難しいがSLP装着後、まず顎周辺が朝なんとなく楽に感じた。さらにすぐに実感が得られたのは唾液の量である。装着前は今思うと、ほとんど唾液を意識していなかった。それが「あ、唾液がでている」と感じるのが、2,3日のすぐの変化であった。これは先生が以前から言われている口内の環境が向上していると思うと、うれしい実感である。健康な身体はまず食べること、それが歯の治療以外にSLPで得られる感激である。

SLPを検討されている方へのメッセージ

SLPを紹介していただき「歯の治療を終えたらやってみましょう」の先生の言葉に半信半疑であったが、即答でSLPを決めた。今まで首のコリや姿勢の改善したいことがこのSLPで結果が出た。他のことも、睡眠の向上や噛み合わせなど、ぜひ他院ではないものなので一日も早く装着されたらとおすすめしたい。

患者様のSLP体験談 その12

装着前と後の変化について

体感ですが、夜中に食いしばっている感じは減りました。
おかげで良く眠れるようになったと思います。

SLPを検討されている方へのメッセージ

・他の歯ぎしり、食いしばり対策が合わない方は良いのではないかと思います。付けていてズレるということはほぼありません。
・少し話しづらさはあるので、付けるタイミングは人によって変わると思います。

SLP(サブリンガルプレート)製作者からのメッセージ

歯科技工士 大内浩司

歯科技工士 大内浩司

SLPを製作させていただいている歯科技工士の大内です。

当院では2015年に丸茂先生ご指導のもと、SLPをスタートさせ、現在では24時間装着可能な装置として、たいへん多くの患者さんにその効果を感じてもらい喜んで頂いております。

わたしが初めてSLPを装着した際、舌が前方にきたことでの体幹の変化、それに加え唾液がどんどん出てくることに感動したのを今でも覚えています。

しかし、始めたばかりの時は材料の問題や装着時の嚥下障害・発音障害といった課題点もいくつかあり、実際に患者さんへの導入がはじまってからも一人一人違う舌の形や効果の違いに悩んだこともありました。

そういった課題に丸茂先生、難波先生にアドバイスを頂きながら、私自身日々使用していくことでの変化や臨床での効果を感じたことをきっかけに、SLPへの思いがどんどん強まっていきました。

噛み合わせや咀嚼運動を阻害することなく、24時間装着を可能にしたことで、日常の歯ぎしり・食いしばりをコントロールし、私たちの生活の中で欠かすことのできない食事、睡眠、運動そのすべてのパフォーマンスを向上させることがSLPの強みとなります。

日々変化する私たちの体、そして咬合への取り組みとして、当院では様々な取り組みを行っておりますが、普段、ご自身の歯を見ることはあっても舌を意識して見ることはなかなかないかと思います。この機会に舌位からの予防をしり、是非体感して頂けたら幸いです。

SLPを製作・提供できることに深く感謝していると共に一人でも多くの方の健康を歯科技工士の立場からサポートしていけたらなと思います。

医院情報

アクセスマップ

オーク銀座歯科クリニック顎関節症&噛み合わせ治療センター

院長 難波 郁雄
TEL:03-3535-8883

〒104-0061
東京都中央区銀座3-7-2 オーク銀座3F

診療時間  ※完全予約制
10:00~13:00 / 14:00~19:00 ※受付は18:00まで

診療日案内

  • オーク銀座クリニック オフィシャルサイト
  • オーク銀座クリニック ドクターズコラム
  • Doctorbook