trigger-point

トリガーポイント療法

トリガーポイント療法について

噛み合わせ異常と顎関節症への新たなアプローチ方法

トリガーポイント

トリガーポイントとは、筋膜のコラーゲン繊維の伸びに制限がかかり、組織が硬化し、突っ張ったり強張るようになり、痛みが発生するようになった箇所のことを言います。筋膜とは、全身にある筋肉を覆っているコラーゲンの膜のことを言います。トリガーポイントは、ただその箇所だけが痛むならそれほど問題がないのですが、質が悪いことに、より凝り固まることによって、痛みの物質を生み出し、それを関連部位に送り出してしまう可能性があるのです。

筋膜が固くなると痛みを生み出す!

筋膜は、全身を大きく覆っているもの(皮膚表面から観察すると、皮膚直下に浅筋膜・脂肪層・深筋膜の存在があります)もあれば、筋肉が付着している骨側から観察すると、筋肉内部で各組織を覆う筋外膜・筋周膜・筋内膜といったものまであります。我々人間の身体の内側は、数多くの筋膜に包まれています。そして不活動や加齢と共に筋膜は緩んで硬くなってしまうのです。

正常な筋膜

筋膜は、主にコラーゲン繊維とエラスチンで構成されたメッシュ状で全身の筋肉を覆っている膜です。正常な筋膜は、コラーゲンが規則的に配列されます。キレイな網の目をしていて、柔軟性があり、スムーズに伸び縮みします。

不活動やストレスを受けた筋膜

不活動やストレスを受けた筋膜は、コラーゲンの配列が不規則になります。身体的・精神的ストレスを受けたり、運動不足になると、コラーゲンが不規則に絡み合います。すると筋膜の伸びに制限がかかって突っ張るようになり、痛みを感じるようになります。

トリガーポイント療法とは?

トリガーポイント療法とは、トリガーポイントをほぐし、筋肉をやわらかくし、血行を良くすることで身体のねじれを治していく治療方法です。その中でも当クリニックで行っているトリガーポイント療法は、Janet.G.Travell博士とDavid.G.Simons博士の教科書をベースに、最新の筋膜研究を取り入れた最先端の筋膜リリースを主体とした理学療法です。日本歯科大学附属病院顎関節症センターのセンター長:原 節宏先生の指導の元、トリガーポイント療法士:李 潔先生を中心に施術しておりますので、安心して施術を受けていただくことができます。

トリガーポイント療法はこのような症状の方におすすめです

  • 口が開きづらかったり、開口時音が鳴ったりするなど、顎関節症の症状がある
  • 食事中など上下の歯を合わせた際に、噛み合わせがおかしいと感じる
  • 寝ている時や普段の生活の中で、歯ぎしり・食いしばりをする癖がある
  • 身体に原因がわからない首のこりや肩こりの症状がある

筋膜の異常から発生するトリガーポイントは、さまざまな問題を引き起こします。痛みや痛覚過敏、筋力の低下や眼精疲労のほか、関節の動きが悪くなるなど、影響は広範囲に及びます。思い当たる症状がある場合は、お早めにご相談ください。

当クリニックのトリガーポイント療法の特徴

日本歯科大学附属病院 顎関節症診療センター センター長
原 節宏先生が推薦しています

筋膜痛の治療法として、患者さんの安全性を最優先し、かつ効果的な治療法として筋膜トリガーポイント療法(マイクロストレッチ療法)がありますが、まだ疾患そのものが、あまり知られていないことから、適切な治療を受けることは難しい現状があります。李 潔(り きよし)先生は、顎関節症や噛み合わせの不調の原因となる筋膜痛を手技でコントロールすることができる、数少ない施術家の一人として、オーク銀座歯科クリニック顎関節症&噛み合わせ・銀座治療センターで活躍されています。 また、オーク銀座歯科クリニックは筋膜トリガーポイント療法(マイクロストレッチ療法)を行いながら顎機能障害患者さんに対し精度の高い咬合治療(噛み合わせ治療)を受けることができる世界でも稀なクリニックです。

原先生が当クリニックのトリガーポイント療法を推薦する理由

その1 確かな知識と技術

施術を担当する李先生は、中国医学のみならず、日本における整体療法団体の認定を数多く取得し、ご自身でも中医学をリフレクソロジーに適応するための学習会を立ち上げるほど研究熱心な勉強家で、確かな知識と高いレベルの技術をもたれています。

その2 豊富な経験

施術担当の李先生に接していて、いつも感心するのは彼の豊富な経験です。知識だけでなく、多くの経験に基づいた治療体系を身に付けられています。この豊富な経験は、多くの症状に不安を抱える皆さんにとって大きな助けとなってくれるでしょう。

その3 謙虚さと礼儀

日本人が、誰でも身につけていたはずの謙虚さと礼儀深さをストレスの多い現代社会にさらされている私たちは、忘れかけているかもしれないと感じました。そんな中、李先生は故郷が中国であるにも関わらず、現代の私達が失い始めている謙虚さと礼儀深さを持ち合わせている先生です。

顎関節症や噛み合わせの不調を感じていらっしゃる方に多いといわれる、心理・社会的問題に発展している方にも、安心して治療を受けていただける人間性を李先生は持たれています。オーク銀座歯科クリニックでは、そんな信頼できる先生による、安全で効果的な筋膜トリガーポイント療法(マイクロストレッチ療法)を適用した取り組みを体験していただけます。皆様が、痛み・つらさのない、健康的な生活を手に入れていただけることを所望します。

トリガーポイント療法を受ける際のご注意点

トリガーポイント療法の施術後、以下のような症状が出る可能性がございます。
こうした症状に不安を覚える患者様もいらっしゃいますが、これらの症状は「好転反応」といい、
自己治癒力が高まった際に、身体が不要なものを体外に排出する時に起こる作用ですので、
身体が改善されている証拠として安心していただければと思います。

弛緩反応

身体全体がゆるんだように感じ、のんびりとしたムードで、ちょうど湯船に長湯した後のような倦怠感を覚えることがあります。また、昼夜問わず眠くなることもあります。

過剰反応

体内の機能や知覚が働き、皮膚の下側を水が流れるような感じや寒いような感じがします。発熱、下痢、発汗、嘔吐、痛み、腫れを感じるなど、急性病かと思われるような過敏な変化が起こります。

トリガーポイント療法の担当医のご紹介

リフレクソロジストとして10,000人以上の患者を診てきた専門家が施術を行います

李 潔 Kiyoshi Lee


難波先生に「トリガーポイント療法」を紹介していただいた後、国立図書館で「トリガーポイントマニュアル」を読み、素晴らしい考えだと思いました。今までツボしか頭になかった私の考えが変わりました。「トリガーポイント療法+ツボ」を使う事でもっと多くの方の笑顔を取り戻せると思いました。その後難波先生のご紹介により日本歯科大学顎関節症診療センター長・原節宏先生の元でトリガーポイント療法を学びました。
ある患者様は色々なところで治療したにも関わらず口が開かなかったのが、当院に来院され一回の治療で口が半分まで開きました。二回目に来院した際に大変喜ばれていました。三回の治療が終わると口が以前と同じように開くことができ何を食べても大丈夫なまでになりました。その患者様は自宅から2時間かけて15回も通った病院でも治せなかったのが、ここで三回で完治できた!と涙を流しながら大変喜ばれていました。こんな言葉をきくと本当に嬉しく、これからもトリガーポイント療法の力をもっと発揮出来るよう努力を続けていきたいと強く思いました。

経歴

中国の山東省に生まれ、河南大学体育学院卒業。その後、山東大学付属病院中医科主任医師張先生、中国国家名優中医医師楊先生の元で中国医学を学びながら中医マッサージ師免許、中国足部按摩師免許を取得。その後青島市の盲人医院に勤務し、ツボの効果により沢山の方の笑顔を取り戻したことでマッサージに魅了され、この道のプロになりたいと決意しました。

2002年 日本国際若石健康法(足マッサージ)公認指導員、及び日本全国整体療法協同組合認定整体師フットセラピストの免許取得し、その後5年間若石健康法の店舗にて施術
2007年 出張専門療法院を開業
2011年 難波郁雄先生と出会い「トリガーポイント療法」を紹介していただく
2012年 オーク銀座歯科クリニック顎関節症&噛み合わせ・銀座治療センターでの開始
2013年 リフレクソロジストのためのリフレクソロジー学習会を立ち上げ、日本各地でリフレクソロジーにおける中医学の運用講座を展開

トリガーポイント療法は頑固な頭痛・肩こり・腰痛・痺れにも効果的です。どこへ行っても症状が変わらないようでしたら、ぜひ本センターに一度お越しください。これから本治療センターにて「足育」を展開しています。咬合から足へも影響する、逆に足から咬合へも影響します。足育と咬合の治療を合わせて調整すると更なる効果が期待できると思います。10数年間延べ10,000人以上の足を観た経験を歯科医療分野で少しでも役に立たせることが出来ましたら幸いです。

トリガーポイント療法(マイクロストレッチ療法)Q&A

Q
カイロや整体とはどう違うのですか?
トリガーポイント療法(マイクロストレッチ療法)は、噛み合わせや、全身の姿勢バランスを改善させることを目指しています。通常の整体では、腰、背中、脚など部位ごとでのアプローチを考えることが多いのですが、オーク銀座歯科クリニックでは、歯科の領域から、側頭筋、咬筋、胸鎖乳突筋など、噛み合わせに関わる筋肉にアプローチしていきます。
Q
施術の間隔はどれくらい空けますか?
その方の症状によって異なりますが、1週間から10日に1回がおおよその目安です。
Q
何回頃から効果が出ますか?
5~6回で効果が出ることが多いですが、個人差があります。
Q
どんな服装で施術を受ければよいでしょうか?
専用のトリートメントオイルを使っての施術になりますので、オイルがついても問題が無いもの(襟元があいたTシャツなど)が良いでしょう。お着替えをお持ちいただいて、こちらで着替えていただくことも可能です。
Q
診査・診断無しでトリガーポイント療法(マイクロストレッチ療法)だけ受けることはできますか?
申し訳ございませんが、当院では歯科医師による診査診断のもとに、施術が必要かどうかを判断しておりますので、診察後の決定となります。
Q
全身を施術するのですか?
肩から上のみの施術になります。凝っている筋肉に、お口の中からアプローチする場合もあります。
Q
1回の施術時間はどれくらいですか??
施術時間は55分です。

トリガーポイント療法の料金

治療内容 料金
トリガーポイント療法の初診料 22,000円
トリガーポイント療法 15,000円

※料金は全て税込み表示です

ご予約の受付に関して

トリガーポイント療法の施術担当医である李先生には現在、日曜日、月曜日、木曜日に当院にて施術をして頂いております。
当クリニックの通常の診療日とは異なりますので、ご予約の際にはお気をつけください。

歯のお悩み相談

噛み合わせやあごのことで
お悩みがあれば、
お気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る